小樽木型

Otaru Wood Molds

溶けた金属を、空洞ができた砂の中に流し込み、形を作る。古代から、人類が金属を用い始めたときから、鋳物はありました。木型や砂を使うのも長く変わらない手法です。

「鋳物(いもの)」は溶けた金属を型に流し込んで自由自在な形をつくる技術です。

「鋳物(いもの)」は溶けた金属を型に流し込んで自由自在な形をつくる技術です。

まず型を正確に作るのが重要です。それを突き固めた特別な崩れない砂の中に埋め、最後に型を外して砂に空洞を作ります。その空洞に溶けた金属を流し込み、冷えればできあがりです。

まず型を正確に作るのが重要です。それを突き固めた特別な崩れない砂の中に埋め、最後に型を外して砂に空洞を作ります。その空洞に溶けた金属を流し込み、冷えればできあがりです。

鋳物は人類史上古代から伝わる技法で原始的ですが、同じ金属製品を正確にたくさん作るのに、これに優るものはありません。

鋳物は人類史上古代から伝わる技法で原始的ですが、同じ金属製品を正確にたくさん作るのに、これに優るものはありません。

Casting is a technique in which molten metal is poured into a mold and its key feature is that it allows any shape to be formed.

First it is important to make a mold correctly. It is then buried in a special kind of sand that doesn’t crack and compacted. Then the mold is removed to create a cavity in the sand. Molten metal is poured into the cavity and allowed to cool.

Casting is a primitive technique that humankind has been using for ages, but there is nothing like it for creating identical metal products.

お店の情報

小樽木型

小樽木型


TEL.0134-26-4072

このお店が提供している製作体験

鋳物で作る錫の飾りのキーホルダー

鋳物で作る錫の飾りのキーホルダー

※講師の体調不良により受付を中止しております

砂を突き固めて作った型へ、約300℃に溶かした錫(すず)を流し込んでキーホルダ一を作ります。
小樽運河のガス燈を作った鋳造技術を体験できます。

  • 所要時間 / 90分
  • 受け入れ人数 / 5名から15名まで

製作体験のお申し込み

Share

FacebookTwitterLinePinterest
製作体験
申し込み
Apply Apply for a Craft Experience
ページのトップへ